アメリカの大学の入学資格と申請方法は?あのハーバードは?

アメリカの大学進学の「入学要件」と「申請方法」まとめ

今回の記事では、アメリカの大学に進学するための「具体的な入学資格」と「申請方法」を紹介するね。

具体的な例として、最難関ハーバード大学と優良大学のハワイ大学の入学資格と申請方法を参考にしてるよ。

ちなみにこの記事は、自分の力でアメリカの大学に進学するための方法をまとめたブログの第三弾だよ。アメリカ大学以外の進学に興味がある場合は、以下の記事を参考にしてね。

アメリカの大学の入学資格と申請方法

アメリカ大学進学に必要な3つの鍵

この記事の目的は、読者が「アメリカの大学の具体的な入学資格を理解できる」ことと「進路希望の大学ウェブサイトから入学申請する方法を理解する」ことだ。エージェントに泣き寝入りしない方法と言ってもいい。

さっそく入学資格に関して結論を述べると、アメリカの大学入学資格は以下3点が必要になる。

アメリカの大学進学に必要になる3つの資格

  • TOEFL
  • SAT
  • 高校の成績 (GPA)

アメリカの難関大は高校の成績「GPA3以上」「TOEFL100点以上」「SAT1400点以上」/が目安になる。一般的な有料大学は基準が少し下がり、「GPA2.5以上」「TOEFL80点以上」「SAT1050点以上」が目安だ。

「記事内の語彙」と「受験会場」補足説明:

ハーバード大学進学に必要な入学資格

上記では「TOEFL」「SAT」「高校の成績」がアメリカの大学進学に必要となると述べた。しかしハーバード大学など超有名大学、いわゆるアイビーリーグの大学は例外だ。

さっそく例外の筆頭ハーバードの入学資格をみてみよう。

ハーバード大学の入学資格

  • 願書2枚
  • GPA換算した成績
  • エッセイ
  • 推薦状2通
  • SAT Reasoning Test / ACT
  • SAT Subject Test
  • 面接(日本在住のハーバードの卒業生が担当する)

書類は全てハーバード大学のウェブサイト内にあるオンラインシステム上で提出する。この記事を書いている2018年の段階では11月1日。合格発表は1月1日だった。

ハーバード大学にTOEFLは必要ない?

驚くことに、ハーバード大学はアメリカの大学の中では珍しくTOEFLが必要ない。「ラッキー!」などと思わないように。

TOEFLの提出が求められない理由はシンプルだ。それはハーバード大学に入学するなら英語はできて当たり前で、英語力は入学する際の判断基準になり得ないということだ。

つまり英語以外であなたの価値を示してね、ということである。TOEFLの代わりにあなたの人間性がわかるように、願書の提出と推薦状の提出が求められるのである。

面接はハーバード大学の卒業生?

これだけの数の入学資格を揃えるだけで一苦労だ。しかし合格率は5%以下と厳しい。

ちなみに面接はハーバード大学の卒業生によって行われる。日本人の志願者に対しては日本在住のハーバード大卒業生が面接を担当する。

これも英語力ではなく、あなた自身の価値を判断するためにおこなわれる。またハーバード大学の厳しい環境で生き抜く力があるかも面接で判断されるのだ。

ハワイ大学進学に必要な入学資格

アイビーリーグへの進学は、一般的な日本の高校生には現実味がない。入学してもエリート中のエリートだらけで孤立感を感じてしまうケースも多いのだ。

そこで選択肢として考えることができるハワイ大学の入学資格を紹介しよう。これがいわゆる有料大学のベンチマークになる。

ハワイ大学の入学資格

  • GPA換算した成績
  • SAT / ACT (センター試験が代わりになるケースもあるようだ)
  • 英検2級以上 (または「TOEFL61点以上」「IELTS5.0以上」)
  • 補完PDF

書類はハーバード大学同様、ハワイ大学のウェブサイト内にあるオンラインシステム上提出する。記事執筆時の2018年では、書類の提出締切は3月1日だった。

ハーバード大学とは違い、ハワイ大学などの一般優良大学では入学資格は「TOEFL」「SAT」「高校の成績」の3点のみになる。

TOEFLのスコアも61点以上と、日本で高校生活を過ごしても十分対策可能な点数なのも嬉しい点だ。ハワイ大学の面白い点は、英検で入学申請できることだ。英検の方がTOEFLよりもはるかに楽チンだね。

つまりSAT対策さえしてしまえばハワイ大学に入れるということだ。日本の難関大学に入るために、3教科みっちり暗記するより楽そうに思えるのはワシだけだろうか。

アメリカの大学進学に必要なTOEFLとSATのスコアは?

当たり前だが希望するアメリカの大学によって、必要となるTOEFLとSATのスコアが変わる。

一般的に「TOEFL80点以上」「SAT1200点以上」取得することができれば、大半の進学基準を満たすことができる。

以下のサイトはEnglish InnovationsというTOEFLとIELTS専門の塾が書いた記事だ。アメリカの各大学が求めるTOEFLのスコアがわかりやすくまとめてあるので参考になると思う。

参照: アメリカ大学進学に必要なTOEFLスコア一覧【保存版】

各大学の求めるSATスコアに関してはCompassがまとめている記事が参考になったので参照させてもらった。

参照:SAT and ACT Score Ranges for 360 Colleges and Universities

進学情報は全て大学のウェブサイトに掲載されている

注意することは、日本語で書かれている記事の内容を100%信じないようにすることだ。エージェントに都合の良いように、情報が操作されているケースもなくはないのだ。

入学資格も申請方法も希望する大学のホームページに全て記載されている。「希望する大学名 / Requirement / International student」と検索して、正しい情報に触れるようにしよう。

仮に自分の求めている情報がのっていなかったら、大学のアドミンに直接連絡をすることも重要だ。日本のように1から10まで全てを説明してほいし人材は、アメリカの大学では求められない。必要な情報は自分の手で手に入れよう。

入学申請も同様だ。大学のホームページ上で全て済ませることができる。(日本もこうなればいいのに…)

入学資格を探すのと同じように「希望する大学名 / international student / apply」と検索することで、申請ページを見つけることができる。

アメリカ大学の入学資格と申請方法 まとめ

アメリカ大学進学に必要な資格は意外と少ない

どうだっただろう?

「アメリカの大学!」と聞くだけでハードルが高く感じるが、一部アイビーリーグを除いて必要になる入学資格は意外と少ない。

SAT対策も日本の高校で数学を(ちゃんと)学んでいれば問題は少ないはずだ。やるべきことはとにかく英語対策。

大学受験対策でTOEFLのスコアが伸びることはない。それぞれ目的が違うテストだ。その目的に沿った、最適な勉強方法を取り入れることが重要だ。

第4弾ではTOEFL対策について紹介するね。

7 Comments
  1. […] 海外の大学についての詳細はこちら⇒SOLO Language […]

  2. […] パート3: アメリカの大学の入学資格と申請方法は?あのハーバードは? […]

  3. […] パート3: アメリカの大学の入学資格と申請方法は?あのハーバードは? […]

  4. […] パート3: アメリカの大学の入学資格と申請方法は?あのハーバードは? […]

  5. […] パート1ではアメリカの大学の学費を、パート3では具体的な入学資格と申請方法をまとめてあるので気になる人は参考にしてねん。 […]

  6. […] パート3: アメリカの大学の入学資格と申請方法は?あのハーバードは? […]

  7. […] パート3ではハーバード大学の入学資格を、 […]

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

©[2021] Solo Group Co., Ltd. All Right Reserved.

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?