【IELTS対策】ライティング「Coherence and Cohesion」の上げ方

【IELTS対策】ライティング「Coherence and Cohesion」の上げ方

IELTSライティングの採点基準の一つ「Coherence and Cohesion(内容の一貫性)」

「何となく分かるけど、具体的にどうすればいいかわからない」

今回はそんな方に向けて、「Coherence and Cohesion」の対策方法を紹介します。

IELTS採点基準「Coherence and Cohesion」の対策方法

「Coherence and Cohesion」とは

「Coherence and Cohesion」はIELTSの採点基準の一つです。

「内容の一貫性」を評価する項目で、ライティングタスク1、タスク2に共通する採点基準です。IELTS対策のスクールでは、「CC」と略して表記する場合もあります。

「内容の一貫性」と聞いても、イメージが付きにくいですよね。「内容の一貫性」を理解するためのポイントは2点あります。「論理的な構成」と「文章の流れ」です。

「Coherence and Cohesion(内容の一貫性)」とは?

ポイント① 論理的な構成:
主張が論理的に構成されているかどうか

ポイント② 文章の流れ:
文章と文章の繋がりは適切であるかどうか

もっと簡単にすると、読み手が「スラスラ文章が読めて、スムーズに理解できる」ことが問われます。

「Coherence and Cohesion」の採点基準

高いバンドスコアを取得するためには、採点基準を理解することが必須ですね。以下が、IELTSが公表しているバンドスコアのルーブリックになります。

IELTSライティングタスク1採点基準

分かりやすくするために、日本語で簡易的なバージョンを作成してみました。こちらも参考にしてください。

【IELTS対策】ライティング「Coherence and Cohesion」の採点基準(日本語)

重要なので、もう一度だけ書いておきますね。バンドスコア5以下は目標の参考にならないと思うので、割愛します。

「Coherence and Cohesion(内容の一貫性)」の採点基準

スコア9:
・自然な形で文章がまとまっている
・段落が巧みに構成されている

スコア8:
・情報と主張を論理的に展開している
・文章がまとまっている
・段落が適切かつ十分に構成されている

スコア7:
・情報と主張を論理的に構成している
・過度、または過少なケースもあるが文章がまとまっている

スコア6:
・情報と主張をまとめようとしている
・文章をまとめるための語彙を使用しているが、誤っている、または機械的
・適切、または明確に例文を用いれないことがある

バンド5以下省略

「文章をまとめる語彙」というのは英語で「Linking Words」と言われます。”However” や “Therefore” などの文章をつなげて、まとめる役割を持つ語彙のことです。

「内容がまとまっている」という表現は、文章と文章の繋がり。または、文章のパートごとの繋がりが関連している状態を指します。

「Coherence and Cohesion」の具体的な対策方法

対策方法として一番効率的なことは、文章構成の「型」を覚えることです。

「型」を覚えるために、繰り返しトピックを書き出しましょう。書き出した内容は、英語ネイティブにフィードバックしてもらうことも忘れずに。フィードバックの過程で、新しい語彙や表現方法を学ぶことができます。

ちなみにフィードバックは英語ネイティブにもらうのが、個人的にはいいと思います。というのも。細かいニュアンスの違いを指摘してくれるためです。

ライティングの文章の「型」

「型」は大きく分けて4つのパートに分かれます。「導入」「主張」「想定できる反論」「結論」の順で、文章を構成すると内容がまとまります。

ライティング文章の4つのパート

① 導入:
・質問文の要約と簡潔な主張の展開

② 主張:
・主張を正当化するための文章

③ 想定できる反論
・②の主張をした時に反論してくる場合の打ち消し

④ 結論
・これまでの主張のまとめ

この4つだけです。日本語の小論文と同じですね。

よりイメージがわくように、具体例と一緒にみてみましょう。

ライティングの「型」を当てはめた具体例

質問:
Employers should give longer holidays to employees to encourage them to do their job well. Do you agree?

導入:
I partly agree with the above statement that employers should give longer holidays to employees to increase productivity.

主張:
Longer holidays are definitely helpful for employees to achieve work-life balance.

想定できる反論:
It has also been observed that when employees are away from work for long periods of time, they build resistance to coming back to work.

結論:
An employer must find out what drives each employee and try to find a balanced solution to building a great workplace.

※ あくまでトピックセンテンスのみを抜き出した状態です

「Coherence and Cohesion」で高スコアを取るコツ

ライティングのコツは3つあります。「一つの段落に一つの論点」「段落の最初の文はシンプルにまとめる」「文章の繋がりを意識する」です。

一つの段落に一つの論点

パラグラフ(段落)は、一つの主張をまとめるポイントとして活用しましょう。

論点が明確になるので、読み手はメッセージを理解しやすくなります。

段落の最初の文はシンプルにまとめる

段落の最初の一文を「トピック・センテンス」と言います。

明確なトピック・センテンスを書き出すことで、その段落で伝えたいメッセージの要点が分かりやすくなります。

文章の繋がりを意識する

「Linking Words」を活用して、文章の繋がりと関連性を高めましょう。

Linking Wordsとは「Conjunction(接続詞)」や、「Connectors(接続詞と同じ性質を持つ語句)」のことです。

幅広い種類のLinking Wordsを適切に活用しましょう。

ブリティッシュ・カウンシルが動画説明を参考にしよう

IELTSが公表している「Coherence and Cohesion」に関する説明動画は一度みておくといいでしょう。

簡潔にどんな対策をすれば良いかを説明してくれているので、参考になると思います。

「Coherence and Cohesion」対策 まとめ

フィードバック→改善のサイクルを高速で回そう

英語のライティングは日本語の小論文と同じです。頭では理解しているつもりでも、実際に書いてみると思ったようには書けません。

そうです。ライティングはアウトプットを繰り返す過程で、自然に「型」が身につくのです。

そして適切な「型」を学ぶためには、ネイティブからのフィードバックは重要です。「ライティング」「フィードバック」「改善」の3つのサイクルを繰り返して、一歩づつライティングのスキルを伸ばす必要があります。

一度ライティングの「型」を覚えると、読解力が上がり、スピーキングも上達します。

もちろん、楽ではありません。それでも、やり続けることで着実にスキルは伸びていきます。頑張ってくださいね!

最後まで読んでくれてありがとうございました。

以下の記事は、IELTS対策に関するものなので参考にしてください。

【ILETS対策】IELTSライティングパートの攻略方法まとめ

【IELTS対策】IELTSライティングパート攻略方法 まとめ

IELTSライティングパートの対策方法について具体的にまとめました

記事を読む

1 Comment
  1. […] 【IELTS対策】ライティング「Coherence and Cohesion」の上げ方 […]

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

©[2021] Solo Group Co., Ltd. All Right Reserved.

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?