外資系企業で働くために必要な英語力はメール?中の人に聞いてみた!

「外資系企業で実際に働くにはどれくらい英語力が必要でしょうか。」

以前カウンセリングでこのような質問をいただきました。このタイプの質問は聞いた相手の過去の経験か、一般論でイマイチ納得のいく答えが返ってこないこと多くないですか?

そこで今回はせっかくSOLO「ソロ」には外資系企業に勤めている人がたくさんいるのだから、直接聞いてみよう!というお話です。

外資系企業で一番英語を使う機会が多いのはメール

luke01
luke01

さっそくですが外資系企業で必要な英語力についてA子さんに聞いてみたいと思います!

A子さんは外資系製薬会社でデータサイエンティストとして働いておりますね。

Ako

外資系企業といっても日本支社ですけどね。

私の会社では9割が日本人、残りが外国人同僚、上司といったところです。業務の資料自体は本社と共有するために英語ですが、社内でのコミュニケーション自体はほとんど日本語で行われています。

私の場合はプロジェクトを他国の人間と行う事が多いので、オフラインでは日本語、オンラインでのやりとりは英語を使うことが多いですね。

Ako
luke01
luke01

日本支社では社員の多くが日本人というのは、弊社の生徒からもよく聞きますね。みんな外資系ときくと社内でも英語を流暢に話しているイメージを持ってしまいますが、そういうわけではなさそうですね。

具体的にどういったときに英語を使いますか?

Ako

まず一番多いのがメールですね。本社のデータサイエンティストとチームでプロジェクトを進めているため日々メールで連絡をしています。

その次が資料を読むとき、情報を検索するときに英語を使います。英語を話すことは週に1回あるかないかです。

とは言っても多くの社員がある程度は英語で業務運用ができると思います。

Ako
luke01
luke01

仕事では主にメールで必要なライティング力と資料を読み込むためのリーディング力が必要なんですね。

ちなみに英語で困っていることってありますか?

Ako

英語でメールを書くのがとても遅くて…。日本語の3倍ぐらいかかってしまいます。当然ビジネスでのメールなので慎重に英語表現を調べながら書きますからね。

そんなに時間をかけたにも関わらず「伝えたい事が分からない。」と言われたりすることもありました。それがショックでSOLO「ソロ」の受講をきめました。笑

Ako

英語のメールでも中身が日本語だと伝わらない

luke01
luke01

そうだったんですね。丁寧に伝えたつもりなのに、相手は何を言っているかわかってくれないという事は外国人と仕事をすると起こりますね。

原因として考えられることはありますか?

Ako

日本語のトーンでメールを送ってしまうからだと思います。角が立たないように、柔らかく、無難に、要件を包み込む感じで… 。

一応英語のビジネスメールのルールはわかっているつもりです。ルールにそって書くのですが、肝心の部分で要件を的確に伝えてないのでしょうね。英語で伝えているのに中身は日本語の曖昧さを含んでいるというか。

Ako
luke01
luke01

「英語はビジネスに向いている」とよく言われます。英語だと言いたい事を端的に言いやすい。

「請求書おくってください」「早く支払ってください」実はこのシンプルな内容を10秒で送れないことが日本語が”ジャパン・アズ・ナンバーワン”の80年代にかけて世界にビジネス言語として普及しなかった理由だと思っています。

大変じゃないですか日本語でビジネスするの。

Ako

実は私は去年、英語力が原因でマネージャー職への出世のチャンスを逃したんです。

Ako
luke01
luke01

それはどういう意味ですか?

Ako

外資系企業でマネージャー職になるためには日本人と外国人の両方と面接をする必要があるところが多いんです。

初めに日本人と外国人マネージャーの2人と面接がありました。その2人とは仲がよかったので上手くいったのですが。最後に本社の人事との英語面接で見極められました 。笑

Ako

外資系企業で必要な人を動かす英語力とは

luke01
luke01

へー、そんなことがあったのですね。

具体的にA子さんの英語の何が足りなかったのですか?

Ako

一言でいうと「英語で人を動かすことができない」ということだと思います。

私の会社ではマネージャー職になると海外と連携したプロジェクトが多くなり外国人の部下が増えます。彼らを上手に巻き込んで仕事をしなければならないのですけど、私にその英語力はありませんでした。

Ako
luke01
luke01

外資系で昇進するために「人を動かす英語力」が必要なんですね…。初めて聞きました。

でも「人を動かす英語力」というのは具体的にはどんな英語力でしょうね。相手の意図を汲み取って自分の意見を表現するということでしょうか。

Ako

私が考える「人を動かす英語力」というのは「他者が納得できる理由を添えて伝える英語力」と定義できると思います。

論理的に理由をしっかり述べることができて初めて人は納得して動くので。

Ako
luke01
luke01

なるほど。英語力というよりもロジカル・シンキングの領域ですね…。

Ako

外資系企業でマネージャー職になると本社に月時報告、週2回の会議、本社の人間が来日した際の接待など様々な場面で高い水準の英語力が必要になってきます。

出世するということは本社により近くなるので、当然ながら英語で問題なくビジネスを遂行する能力も求められますね。

Ako
luke01
luke01

それは外資系企業では役職が下がるほど英語ができない。役職が上がれば英語ができる人が多いという事ですか?

Ako

私の会社ではそうですね。ただ私のような平社員でも高い英語力を身につけないと出世できないことをみんな知っています。外資系企業に勤めていても英語学習をしている人は結構いると思いますよ。

もちろん入社時点で帰国子女のように英語力が高い方も多いです。

Ako

外資系企業への就職は「結果」と「積極性」が重要

luke01
luke01

ちょうどこの前元Googleの村上さんとの対談を書いた「英語ができる人とできない人で人類は二分される」という記事を読みました。英語のニーズがどんどん顕著になっているように感じますね。

これから外資系企業を目指す人に対してアドバイスはありますか?

Ako

英語の話を中心としてきましたが就職についても少し触れると。

基本的なことですが評価は仕事の結果が全てです。「求人内容に掲載されている仕事ができる人間」が外資系企業の入社条件です。そしてその判断基準は職歴と面接です。

結果が出せる人間なら英語ができなくても出世できます。実際に私の上司は英語ができなくても仕事が並外れてできるので営業部長をしています。

あと人間関係に関してはドライという印象を受ける人が多くいると思います。実際はそんなことはないとわかっておくのも重要だと思います。

Ako
luke01
luke01

人間関係がドライとは思わない方がいいといことはどういうことですか?

Ako

外資は各従業員の権限がはっきりと決まっています。入社時の上司にあたるマネージャーはあなたの首を切る権利を持っています。

仕事以前に上司に嫌われてしまうと”The End”です。ドライなどではなく実際はかなり上司に取り入る姿勢が求められます。

Ako
luke01
luke01

あぁ、なるほど。僕も海外企業で働いたのでなんとなく想像がつきました。

他にどのような資質を持っていると外資系企業で働くのに有利ですか?

Ako

積極性が必要だと思います。

例えば会議でもやはり明確に発言できる人間が昇進する傾向があります。やはり本社からのカルチャーとして「発言しなければ意味がない」というような雰囲気はありますね。そういった場で自分の意見を伝えられる人間というのが信頼されますし好まれます。

英語での会議の場合どの単語やフレーズ、どういった言い回しをして表現するかが大切ですね。あれ、英語の話に戻っちゃいました。笑

Ako
luke01
luke01

確かに日本の会議と同じような姿勢だとちょっと居心地が悪いかもしれませんね。

今回A子さんにインタビューするまでは外資系企業で働く必要条件として「高水準の英語力、具体的にはきちんと書けて話せる必要があるんだろう」と思い込んでいました。

しかし話を聞いていると必ずしもそういったわけではないことが分かりました。本日はどうもありがとうございました!

Ako

はーい。こちらこそありがとうございました。

Ako

外資系企業で実際に働いている方のお話を伺うと、自分がイメージしていた外資系企業は現実とは違うことがわかりました。

それにしても「人を動かす英語力」っていうのは初めて聞いた言葉です。日本企業で働く場合も同じですが、社員同士が信頼関係を築くことが外資系企業でも非常に重要なんですね。

また現場では英語の必要性が近年とても高くなっている様子がA子さんとの話から伺えました。どれも実際に話を聞かないとわからないことだらけだったので僕自身とても勉強になりました。

その他の僕のインタビュー記事はこちら:
SOLO「ソロ」創業インタビュー|自分の考えを英語で正しく伝えることにこだわる
オンラインレッスンと教室授業の学習効率の違いは?英語学習はどっちがおすすめ?

SOLOの無料カウンセリングで、深い対話を体感してください。

コース受講を検討している方や、英語学習を始めようとしている方を対象に、無料カウンセリングを行っております。英語の学習課題や対処法をお客様のライフスタイルに合わせてご提案します。

期間限定!ルークさんがカウンセリングを担当中!

[button size=”mediumlarge_rd_bt” icon_color=”#ffffff” t_color=”#ffffff” b_color=”#4dcf63″ alt_b_color=”#07a554″ t_hover_color=”#ffffff” b_hover_color=”#8ece99″ radius=”2″ font_weight=”700″ url=”https://solo-language.com/apply/” position=”ta_center” ex_class=”button-shadow” mt=”1em” mb=”1em”]無料カウンセリング予約[/button]

9 Comments
  1. […] 外資系企業で働くために必要な英語力はメール?中の人に聞いてみた! […]

  2. […] 外資系企業で働くために必要な英語力はメール?中の人に聞いてみた! […]

  3. […] 外資系企業で必要な英語力 […]

  4. […] 外資系企業で働くために必要な英語力はメール?中の人に聞いてみた! […]

  5. […] ■ SOLO「ソロ」創業者インタビュー|「英語で深く話す」ににこだわる ■ オンラインレッスンと教室授業の学習効率の違いは?英語学習はどっちがおすすめ? ■ 外資系企業で働くために必要な英語力はメール?中の人に聞いてみた! […]

  6. […] ■ SOLO「ソロ」創業者インタビュー|「英語で深く話す」ににこだわる ■ オンラインレッスンと教室授業の学習効率の違いは?英語学習はどっちがおすすめ? ■ 外資系企業で働くために必要な英語力はメール?中の人に聞いてみた! […]

  7. […] 今回は前回反響があった、実際に外資系企業に働いている方にインタビューするの続編で再度外資製薬会社でデータアナリストとして働くA子さんに話を伺ってみたいと思います。 […]

  8. […] .page_title_ctn {padding-top:43px; padding-bottom:43px;} Previous […]

  9. […] .page_title_ctn{padding-top:43px;padding-bottom:43px} NextPrevious […]

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

©[2020] Solo Group Co., Ltd. All Right Reserved.

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?